今後の墓石

今後の墓石はどうなってしまうのでしょうか。

日本での墓石とはどのような意味をなすのか、とても不思議ですよね。

アメリカはもともとクリスチャンが活動の場を広げるためイギリスから渡ってきたので、基礎がクリスチャンです。

ということはもちろんお墓もクリスチャン風になっています。

死んだ後は紙によって天国に連れて行ってもらうというシステムです。

そんため、体だけ地上に残り、そのまま死後硬直の状態で筆意の中に入れられます。

この文化はアメリカの初期から今もずっと同じように行われています。

それでは日本はどうでしょうか。

中国の影響を受け、仏教徒が多いため、今まではずっとお寺にお墓を持ち、火葬してできた粉を入れます。

そして骨壷はお墓の中に入れます。

ですが、現代風ではお墓の形は自由になり、墓石価格を上げればペットまで入れられます。

金さえ払えばなんでもしていい状態になってしまっています。

それでは現在の日本では、人が死んだ時にどのようにしてあの世に送ってやりたいのかさっぱり見えてきません。

ただただ商業目的か、あるいわみんなやってるから自分もという理由で葬式をして、墓を建てて、高額な墓石価格を払っていい感じのものを作るだけ。

そんな葬式を次世に伝えたいとは思えないのではないでしょうか。

それでも目の前の利益にばかりとらわれている現代社会に問題があります。

なんとかして、世界に誇れる日本の伝統文化を構築できるよう、お寺も頑張って欲しいところですね。