墓石の文字

全ての墓石には文字が刻まれています。

日本では、正面に必ず家名が入れられ、名前之墓という風に彫られていますよね。

そして墓の脇には命日、または墓に入れられた日が刻まれます。

そして裏には墓が作られた日などが刻まれます。

これでだいたい一通りの墓石に刻まれるものです。

ですが、現代の墓石は車でいうオプションのように、追加のオーダーでさらに彫刻を彫ってもらうことができます。

その分墓石価格もアップしますが、それでも思い入れのある名前や詩などを入れたいという人もいるため、墓石価格を上げてでも付け足す人がいるのです。

書体は行書、草書、ゴシック体など様々です。

これもまた様々な種類があるため、オプションで選ぶことができます。

他にも、削りなおしという、すでに彫られている彫刻を削って上から何かを書くということもできます。

これはもうやり直しと同じですね。

もしお父様が最初に建てたお墓にその奥様も入るとなったら、墓に奥様のお名前も入れたいですよね。

そんな時も簡単にやってもらえます。

お1人2,3万円ほどで墓石に、旦那さんの隣に名前を彫ってもらえるのです。

ただ文字を彫るだけなのにと思う方もいるかもしれませんが、これだけの金額で一生隣に名前を載せることができるのですから、とても嬉しいことだと思います。

このように、現代の墓石は自分の好きなように墓石を加工することができ、形式にはとらわれすぎず、満足の行く墓石を作ることができます。