墓石の素材

墓石には様々な素材があります。

墓石の場合素材とは石のことであり、使う石によって墓石価格も変わってきます。

貴重な石にすればするほど墓石価格もどんどん上がっていきます。

本日はその墓石の素材についてご紹介させていただきます。

実は石材の種類はとても多く、数え切れないほど存在します。

それぞれ日本の違う街からやってきて、墓石職人に加工され、お墓となってお寺に運ばれてきます。

色や硬さ、細目、中目と種類は様々で、お客様の希望にあわせて選ばれます。

どんな石があるかと言いますと、例えば西日本には庵治石(香川県産)や天山石(佐賀県)などがあります。

両方ともグレーの複雑な色をしています。

東日本でしたら、福島県の吹雪石や茨城県の真壁石などがあります。

吹雪石とはその名の通り吹雪を連想させるような見た目の石ですし、真壁石は日本の代表的な墓石の一つとなってます。

これらの他に、海外から石を取り寄せることもあります。

例えば、インドからカルナードグレイ石やインドフォレスト石などを取り寄せます。

こちらは両方とも暗めの石となってます。

中国からは浦田石や福島の紀山石に似た新紀山石などがあります。

海外から取り寄せる石は、どれも日本国内で取れる石よりも安く、価格を重視するお客さん向きになってます。

このようにご自身の予算などを計算しながら、色や石の特徴を見ながら墓石をお選びください。

そうすることにより、あなたを含め誰もが喜ぶ完成させることができます。

[お勧めサイト:お墓まごころ価格.com